警察官やJA職員、銀行協会担当者等を名乗る者によるキャッシュカード詐欺にご注意下さい!

 平成22年5月に、JAのお客様に警察官を名乗る者から、「口座が振込詐欺口座に悪用された可能性があり、全国銀行協会で調査報告をおこなうので、同協会から電話があったら指示どおりに対応願いたい」と電話があり、続いて、銀行協会を名乗る者から、「担当者を自宅に向かわせるので、キャッシュカードと通帳を預からせてもらいたい」と電話があった後、お客様宅に、銀行協会担当者を名乗る者が現れ、暗証番号を聞き出してうえで、キャッシュカードを受け取り、近隣のコンビニATMから現金を引き出すという被害が発生いたしました。
 警察官やJA職員、銀行協会担当者等が、お客様に対して電話や店舗外などで暗証番号をお伺いすることはありません。他人にキャッシュカードを渡したり、見知らぬ相手はもちろん家族を名乗るような場合でも、暗証番号を教えないよう、くれぐれもご注意ください。
 不審なことがございましたら、警察・お取引JAまでご連絡ください。